キャリアサポーター/在学生ブログ

OBOG交流会を実施しました!

皆さん、こんにちは!
連日暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?
今回のブログはキャリアサポーター所属、社会イノベーション学部 心理社会学科 2年の〈そら〉が担当します!

8月7日(土)、オンラインにてキャリアサポーターOBOG交流会を開催しました。
新型コロナウイルスの影響で、十分な関わりを持つことができなかった2021年3月卒業のキャリアサポーターOBOGの方々3名を招き、活動当時の経験談やアドバイスなどいただきました。


この交流会を通して、サポーターそれぞれが自身のキャリアについて、より一層考える機会となり、今後のサポーター活動のイメージを具体的に膨らませることができました。
また、OBOGの先輩方と共に活動していた3,4年生は、当時の思い出が詰まった写真を集めて動画を作成し、改めて感謝の気持ちを伝えることができました。


司会の合図で交流会開始!


アイスブレイクによって、OBOGと初対面のサポーターも緊張が溶けました。

ブレイクアウトルームで少人数に分かれて、一人一人が先輩に直接質問することができました。和やかなムードの中、真剣にお話しを聞くメンバーの様子です。
 
今回、お話しいただいた中でも私が特に印象に残ったのは、サポーターとしての活動でどのような力が身に付いたか、という質問に対する回答です。例年、キャリアサポーターでは、夏のオープンキャンパスで、高校生向けに大学紹介やキャリアの授業体験を行っていました。そこでは、誘導や登壇など、大学生が普段味わうことのない体験を数多く経験されたそうです。このようなイベントを通して、サポーター内の関わり合いはもちろん、高校生に分かりやすい説明をするための工夫をすることで、コミュニケーション力が身に付いたと仰っていました。
 
今後もしばらくはオンラインの活動になりますが、今回先輩方からいただいた貴重なお話しを活かして活動していきます。10月には在学生向けの就活イベントを企画実施予定です!

メニュー