キャリアサポーター/在学生ブログ

ドイツでの一日

こんにちは、社会イノベーション学部政策イノベーション学科のA.Y.です。今回は留学に関してお話しします。
成城大学の留学は大きく分けて二種類あります。
一つは成城大学が提携している海外の大学に留学する、交換留学タイプ。もう一つは、自分で留学相手校を探して留学する認定留学タイプです。
後者は非常に多額の費用がかかるため、外部の留学支援団体を利用するケースか多いかと思います。私は前者の交換留学でドイツの大学へと現在留学しています。
では実際にどのような生活を現地でしているのか?
例として、ある一日を簡単にご紹介します!

8:30 起床(支度をする)
9:50 教室へと向かう
(こちらは日本の大学とは異なり、一つの区域に教室がまとまっているわけではありません。)
10:15~11:45 授業
12:00~12:30 昼食
12:45~14:45 タンデム
(※タンデムとは現地の日本学専攻の大学生と会話や宿題を助け合いながら行う事です)
15:10 買い物等を済ませる
(実はドイツのスーパーは20:00には全て閉まってしまうため、早々に済ませておきます)
16:15~17:45 授業
18:00 帰宅
20:00 晩御飯
21:00 自習
24:00~ 就寝
といった所でしょうか。当然ながらスポーツのクラスやタンデムの有無、授業の数によって変動します。週末等には友人たちとパーティー等に行くこともあります。

メニュー