合格体験記/在学生ブログ

芸術学科とは!

こんにちは〜!!
文芸学部芸術学科2年のみんですʕ•ᴥ•ʔ
今回は私が在学している「芸術学科」について特徴などをお話ししたいと思います!!

「芸術学科」と名前を聞くとどういうイメージを皆さんは持たれますか?多分「絵を描くの?」とか「何か作るの?」とか実践的な「技術」を学ぶ学科だと思うと思います( 'ω' )
!しかし!成城大学の芸術学科は実技はやりません!!全て座学で芸術分野の知識を学びます!! 実技やりたい子はちょっと違うかなあ、、、、(−_−;)

そして、「芸術」と一括りにしても沢山の分野があります。成城大学文芸学部芸術学科では「日本美術」「西洋美術」「東洋美術」「美学」「音楽学」「演劇学」などなど様々な芸術分野を学べます!四年制の大学で実技ではなく座学でこんなに多くの芸術について学べる大学は少ないんですよ〜!!
私は受験するにあたり、「演劇学が学べる大学に行きたい!」と思って大学を探しました。「演劇学」を学べる大学は本当に少なくて、関東では片手で数えられるほどしかありませんでした!(私の調べた限りですが)そんなマイナーな学問も学べちゃうし、他学科の授業も取れちゃうなんでとってもお得なんです!
入った時は演劇学にしか興味がなくて必修である美術史等の授業は本当にぽけーっとしそうだったのです、、、、。が!受けてみると新しい発見や面白さもわかったりして興味が湧いてきます。そして演劇を見ている時や学んでいる時に他の芸術分野の学習により視野が広がって前とは違った見方ができるようになりました!
こんな私のように最初は一つしか興味が無くても、沢山の分野が学べる大学なので通っている間に新たに好きなものも見つけることができます!

長くなりましたが、この学科は自分の好きなことについてとことん追求することができる学科だと思います。もちろん英語や他の教養科目も学べますし、芸術だけにならないところも四年制大学ならではの良い点なのではないでしょうか?
皆さんも自分のやりたいこと見つけてステキな大学生生活にしてくださいね〜!!

メニュー