授業編

破壊+創造=イノベーションには、守護者が必要だ

社会イノベーション学部 政策イノベーション学科

積田 淳史 准教授

創造的破壊とは何か

イノベーションという概念を創り出したシュンペーターは、イノベーションの本質は創造的破壊(creative destruction)だと指摘しています。創造と創造的破壊の差異は、ある情景を思い描けば、すぐに理解できます。 2人の子どもが、小さな紙にお絵かきをしています。クレヨンが走るたびに余白は小さくなっていき、やがて全面が埋まります。Aちゃんはクレヨンを色鉛筆に持ち替えて、木々の葉や陰を細かく描きました。これが創造です。Bちゃんは小さな紙を放り投げ大きな紙を貰って、大きな絵を描き始めました。これが創造的破壊です。どちらが良いかは議論が分かれますが、どちらが大きいかは議論の余地なくBちゃんの描く絵でしょう。シュンペーターは、Bちゃんのように既存のものごとを破壊し、その上に新しいものごとを創り上げることが、社会や経済に発展をもたらすと論じました。

破壊を志す者を守る重要性

創造的破壊は、創造よりもずっと大変な仕事です。社会や経済の旧い仕組みや文化を破壊することは、自分の描いた絵を放り投げることとはスケールが違います。そこで大切なのが、守護者(チャンピオン)と呼ばれる存在です。イノベーションを志す者は、破壊を嫌う人々から抵抗を受けます。その抵抗を受け止め、なだめ、時に両者を仲介する守護者の存在は、特に既存企業がイノベーションを志す際に不可欠な存在です。組織の中から組織の破壊を志すのですから、しっかり守り育てなければイノベーションの種は芽吹くことさえないでしょう。

イノベーションに必要なポイントを見極める

せっかく描いた絵を放り投げる行為は、多くの人々にとって許せない行為でしょう。その行為に手を貸し、その行為の大切さを人々に説く守護者が居なければ、大きな絵が生まれることはありません。イノベーションが足りないと思うなら、創造的破壊を志す人が足りないのか、それとも、見守り育てる守護者が足りないのか、見極めることが大切です。みなさんは、どちらが足りないと思いますか?

このテーマを成城大学で学ぶならこの授業がオススメ!

社会イノベーション学部の戦略系科目

「イノベーション戦略論」「組織イノベーション論」などは、イノベーションを推進する難しさと方法について視野を広げられるでしょう。

高校生へのメッセージ

勉強よりも大切なことがあるから、勉強は大切です。大切なことに寄り添うために、勉強が役立ちます。寄り添いたい何かを見つけることにも、勉強は役立ちます。頑張ってください。