授業編

医療問題を経済学で考える

経済学部 経済学科

河口 洋行 教授

経済学の視点から
ダイエットの先送りについて考えよう

固く決意したはずのダイエットはなぜ簡単に先送りされてしまうのでしょうか。経済学の視点から、個人の行動をデータ分析することで、その仕組みを理解することができます。また、メタボ健診などの医療政策が本当に効果があったのかについても考えてみましょう。

続きは動画をご覧ください!

このテーマを成城大学で学ぶならこの授業がオススメ!

1年次にミクロ経済学の基礎を学び
医療分野に応用して分析・検証する「医療経済学」

「医療経済学」では現実に起きている医療問題を取り上げ、医療サービスを経済学の視点で議論します。また、実際のデータを分析することにより、その政策効果を測定することができます。経済を考えることは自分たちの生活や暮らしを考えること。それを一緒に考えてみませんか。

高校生へのメッセージ

経済学科では、少人数クラスでデータサイエンス(統計)や経済学の基礎から学ぶことができます。2年次からは全員必修のゼミナールがあるので、自分で興味あるテーマを見つけ、それに取り組んでいきましょう!