授業編

歴史から国際政治を学ぶ

法学部 法律学科

田嶋 信雄 教授

歴史のプロセスの中で
どんな選択肢があったかを学ぶことが
国際政治の学びにつながる

1914年に勃発した第一次世界大戦を例にとり、国際政治の考え方についてお話しします。大切なのは、年表に乗っている事実を単に覚えることではありません。歴史のプロセスの中でどんな政治的な選択肢、見方があったのかを学ぶこと。それにより自分のイメージを広げることができます。大学での学びとはまさにこういうことなのです。

続きは動画をご覧ください!

このテーマを成城大学で学ぶならこの授業がオススメ!

成城大学法学部には、
法学だけでなく政治学や国際法など
国際関係の講義が豊富

ミニ講義で取り上げた内容をさらに勉強したい方は「国際政治史」や「アジア政治」「国際関係論」を学ぶとよいでしょう。諸外国との国際関係や国際問題は、歴史的な出来事の上に成り立っています。グローバル社会の中、みなさんがこれから海外との接点を持つことは必至の時代です。国際政治の多様な見解を理解し、自らの見解を表現できるようになって欲しいと思います。

高校生へのメッセージ

高校生の皆さんにも、法や政治が身近だと実感する出来事があるのではないでしょうか?ぜひ、新聞やテレビのニュース番組にたくさん触れ、日本や世界の未来に思いをはせてください!