授業編

会社って何だろう?

法学部 法律学科

山田 剛志 教授

会社法で大事な問題の1つである
コーポレートガバナンス(企業統治)について知ろう

多くの人が将来働くことになるであろう会社について、みなさんはどれくらい知っていますか?簡単に言うと会社とは、投資家から集めた資金で事業を行い、利益があがったら配当する組織です。現在、日本には370万社の会社があります。会社には種類があり、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4つです。ここでは、会社法の中で最も大事な問題の1つであるコーポレートガバナンス(企業統治)についてお話しします。>

続きは動画をご覧ください!

このテーマを成城大学で学ぶならこの授業がオススメ!

株式会社の姿について理解を深める「会社法A、B」

「会社法A、B」がお勧めです。みなさんが将来就職するかもしれない株式会社の姿を、実例を踏まえて講義します。特に、企業買収や合併など、実例に則して説明しますので、理解が深まりますよ。

高校生へのメッセージ

法学部に向いている学生は、「なぜだ」と思える方です。法学部は入ってからがスタートです。やる気があれば誰でも、学習を深められます、もちろん、弁護士や裁判官になるための勉強もできます。まだ将来を迷っている人にもお勧めです。