成城生のリアルな日常を紹介する、「マス研通信」。 第9回のテーマは、「内部生×外部生 漢の座談会」! 登場してくれたのは、大学から成城学園に入学した関根健太さん、成城学園中学校から内部進学した廣瀬太輝さん。マスコミ研究会の先輩・後輩でもあるお二人に、成城男子のリアルな声を聞いてみました!
◆座談会参加者お二人のプロフィール
【廣瀬太輝さん(左)】

東京・成城学園高等学校 出身
文芸学部マスコミュニケーション学科3年

【関根健太さん(右)】
千葉・流通経済大学柏高等学校 出身
文芸学部英文学科2年

“おぼっちゃま大学”のイメージ……
実際は気さくな人ばかりでした

Q1.成城大学に進学する前はどんなイメージを持っていましたか?
【関根さん】

やっぱり、“おぼっちゃま・お嬢様大学”っていうイメージが……。入学する前は「めちゃくちゃお金がかかるんじゃないか」とか「同級生と話が合わなかったらどうしよう」とか不安に思っていたんですけど、実際は全然そんなことはなくて。話してみたら、みんな気さくな人ばっかりでしたね。文芸学部には、「フレッシュマンキャンプ(※)」という新入生向けのイベントがあるのですが、そのイベントのおかげですぐに友達もできました。
(※)文芸学部では、入学後の新入生オリエンテーションやガイダンスを、1泊2日かけて外部施設で行います。
【廣瀬さん】
フレッシュマンキャンプって、入学していきなりのイベントなのに1泊2日のイベントで、一緒にいる時間が長いんだよね。内部生も外部生も関係なく交流するから、そこでみんな仲良くなる。
【関根さん】
そうそう。あとは授業でも内部生の人と接する機会も多くて、入学する前に持っていたイメージもすぐになくなりました。特にお金持ちだらけっていうわけでもなかったし……。
【廣瀬さん】
実際はほとんど普通の家庭の子だよね。

内部生の方がこわがっていることも。
でも、外部生ともすぐに仲良く!

Q2.内部生と外部生の間に壁はあったりするんですか?
【廣瀬さん】

最初の頃はむしろ、内部生の方がこわがっている部分もあって……。僕が所属しているマスコミュニケーション学科は男子の内部進学者が少なくて、内部進学の男子は4人しかいなかったんです。だから、入学前に「内部生の4人で固まって、外部生に話しかけてみよう」って作戦会議していました。実際にやったら、引かれちゃいました……(笑)。
【関根さん】
確かに、内部生4人に固まって話しかけられるとちょっと怖いです(笑)。僕も最初は内部生と仲良くなれるか不安でしたけど、入学してから3か月も経ったら、内部生とか外部生とかはまったく気にしなくなりました。気にするのってたぶん、本当に最初のうちだけだと思います。
【廣瀬さん】 授業や部活を通して、僕もすぐに外部生の友達ができました。マスコミ研究会は同じ代の内部生が僕ひとりしかいなかったので、他の新入生と同じように最初は緊張していましたね。中学・高校の頃と違って大学は全国から学生が集まってくるので、新しい出会いもたくさんあって、刺激を受けました。

小規模なキャンパスだからこそ
先生とも、学生同士も距離が近い

Q3.お二人が感じる、成城大学の魅力ってどんなところですか?
【関根さん】

先生との距離が近いことに驚きました。最近は英文学科の先生とすごく仲良くなって、雑談もするようになりました。10人くらいで授業をやるので、自然と先生ともコミュニケーションがとりやすいんです。あと、学生同士でもすぐに仲良くなれました。キャンパス自体も小規模なので、同じ人と会うことが多いんですよ。頑張らなくても、自然と仲良しが増えていくって感じです。
【廣瀬さん】
確かに、中学・高校の頃から先生との距離はすごく近かったですね。大学に限らず成城学園全体の学風なのかもしれません。あと、成城大学はお高くとまったイメージで見られがちだけど、全然そんなことはないです。男子高校生が話しているようなバカ話ばっかりしてるんで、その辺りはどこにでもいる大学生です(笑)。
【関根さん】
男女比でいうと女子の方がちょっと多いんですけど、大学全体のアットホームな雰囲気がそうさせるのか、男女問わず友達もつくりやすいですね。良い意味で“壁がない人”が多いイメージです。でも、女子が多いぶん男子学生同士の結束力は強くて、最近はクラスの男子10人で下北沢のタピオカ屋さんに並んだりしました。……もちろん、女子も一緒に行くこともありますよ!

編集後記

今回は内部生、外部生のお二人に、それぞれが持つ大学のイメージを伺いました。2人とも入学前は不安を感じていたものの、今ではとても楽しく大学生活を送っているようですね! 今まで出会ったことがないような人と話すことで、自分の今までの価値観や考え方がガラッと変わることもあるかもしれません。どこの大学を受験してみようか?と迷っている皆さんも、内部からの進学を目指している皆さんにも、ぜひ成城大学でのキャンパスライフを考えていただければと思います!
Photo:池田 智哉/高山 彩希
※記事内容は2019年取材時のものです。

最新の記事

page
top