アドミッション・ポリシー

各学部の学生受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)です。

社会イノベーション学部

人材育成の目的

社会イノベーション学部は、社会に持続した発展をもたらす人間の創造活動であるイノベーションについて学問横断的に理解し、社会に貢献する意欲をもって、自らそれらに関する問題を発見・設定・解決し、その成果を論理的また実践的な言語能力を活用して伝達することができる、社会に有為な人材を育成することを目的とする。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

社会イノベーション学部は,その人材育成の目的を達成するために,入学者には,以下のような学力,関心等を有することを求める:
(a) イノベーションに関する知識を修得するために必要な基礎的学力;
(b) 日本語及び英語の基礎的活用能力;

(c) 自己を成長させることにより社会に貢献しようとする意欲;
(d) イノベーションに関する興味と,関連する問題の発見・解決に自律的に取り組む関心。

文芸学部

人材育成の目的

文芸学部は、人間の文化的営為に関する多角的な研究・考察を通じて、豊かな教養、柔軟な思考力、広い視野を修得させ、かつ、それらを基盤にした知的創造性に富み、それをもって社会に貢献しうる人材を育成することを目的とする。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

文芸学部は、次の条件を満たす人材を入学者として求めます。

  1. 文芸学部の学問を学修するうえで必要な基礎学力を有する人。
  2. 文芸学部の学問について、旺盛な関心と探究心を有する人。
  3. 自らの個性を自覚し、その研鑽に意欲的である人。

経済学部

人材育成の目的

経済学部は、経済社会における諸現象を理論的・実証的に把握し、変貌する現実社会に対する洞察力と判断力を養うとともに、事業経営など種々の環境において必要な識見と実践能力を具えた人材を育成することを目的とする。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

経済学部では、経済・社会に対する高い関心を持ち、専門能力の向上と幅広い識見の獲得を目指し、論理的思考力を身につけることを目指す多様な人材を求めている。そのため、語学力、読解力、論理的思考力、表現力の基礎力があり、かつこれらを伸ばす意欲がある入学者受入を目指している。

  1. 経済社会や歴史に対して強い関心を持ち、高校卒業レベルの国語能力や外国語能力を具えている人材。社会や歴史、数学についても高校卒業レベルの基礎知識を持つ人材が望ましい。
  2. ゼミナールで、教員と学生、学生同士の討論形式で学ぶことのできるコミュニケーション能力ならびに卒業論文を執筆できる能力を有する人材。
  3. 柔軟な思考力と豊かな感性とを兼ね具えた全人的人格の形成を目指し、特定の専攻分野だけでなく、経済学や経営学の広い分野に興味と関心を有し、法学、ならびに教養などの経済・経営学以外の分野も学ぶ意欲がある人材。

法学部

人材育成の目的

法学部は、法的なものの見方・考え方を身につけることをめざし、現代の法律学を体系的に学ぶことによって、深い理解力、確かな判断力、豊かな想像力をもった人材を育成することを目的とする。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

法学部は、その教育の基本理念のもと、次のような学生を求めています。

社会と人間に対する興味や関心があること。

法学の基礎は、まず実際に適用されている法律を知ることから始まります。その目的は、法律がどのような考えに基づいて制定されているのかを自分自身で解き明かし、他者とのコミュニケーションも糧としつつ、法律的な考え方"リーガルマインド"を修得することにあります。そのためにも、社会と人間に対して関心を持っていることを求めています。

page
top