皆さまの疑問点にお答えします。

出願について、併願について、受験科目について、手続きについてなど

成城大学について

回答

内部進学は、全体の10%程度です。つまり新入生の約90%が大学から成城に通っています。

回答

一般的な私立大学の学費だと考えています。また、奨学金もございますので、そちらも併せてご検討ください。

回答

全国から志願者がいます。関東を除けば、長野県や静岡県、北海道からの進学者が多いです。詳しくは「データ集」をご覧ください。

回答

学内見学は原則いつでも自由に見学することができます。予約も不要です。ただし、試験実施当日などの場合は、大学の入場を制限している場合があります。
入学センターの窓口開室時間にお越しいただければ、資料のお渡しも可能です。

回答

資料の請求は以下のリンク先で承っております。場所・時間によっては多少お時間をいただくことがありますので、予めご了承ください。また、出願の締め切り間近は、問い合わせが最も多い時期ですので、余裕をもってご請求ください。

出願について

回答

出願は全てWEB出願となるため、印刷された募集要項の配布は行っておりません。PDFにてご確認いただけますので、出願される方は募集要項ページを必ず熟読してください。
また、WEB出願にあたって、出願の流れが分かる「一般入試 出願ガイド」を無料で配布しています。

回答

必要書類の送付は1回のみです。すでに送付していれば追加出願に再度送付する必要はありません。
※ただし、S方式、A方式に出願している方がB方式に追加出願する場合は、センター試験成績請求票を送付する必要があります。

回答

S方式(全学部統一入試)は、出願した学科がすべて記載された受験票を1通発行します。
A方式(学部別入試)は、出願1件について1通の受験票を発行します。
B方式(大学入試センター試験利用入試)は、印刷された受験票の発行は行いません。募集要項の手順にしたがって、通知期間内に、必ず受験番号を取得してください。

回答

S方式・A方式の受験票は、出願締切後に一斉発送します。受験票が届いたらただちに内容を確認してください。
なお、B方式(大学入試センター試験利用入試)は、印刷された受験票の発行は行いません。募集要項の手順にしたがって、通知期間内に、必ず受験番号を取得してください。

回答

WEB出願についての「よくある質問」は、インターネット出願ガイダンス「Q&A」ページに記載してあります。

回答

可能です。ただし、ご使用の端末によっては出願できない可能性があります。推奨環境等の詳細は、インターネット出願サイトの「Q&A」ページをご覧ください。

回答

必要ありません。インターネット出願サイトにてアップロードしていただきます。デジタル写真以外での提出は対応しかねます。ご了承ください。

回答

成城大学の一般入試は、全部で4種類です。学部別入試(A方式)、センター試験利用入試(B方式前期日程)・(B方式後期日程)、全学部統一入試(S方式)になります。

回答

A方式は、1件につき35,000円、B方式は、1件につき15,000円、S方式は、1件につき30,000円です。
また、併願割引もございますので、併せてご利用ください。

回答

S方式では本学キャンパスのほか、横浜、柏、さいたま、長野、静岡、札幌にも試験会場を設けます。A方式では地方会場はございません。

併願について

回答

可能です。A方式では一つの学部について一つの学科しか出願できませんが、異なる学部間では併願できます。B方式とS方式では全学部全学科に出願(併願)することができます。各方式との併願も可能です。

回答

あります。こちらをご参照ください。

必要な教科・試験問題について

回答

以下の方式、学科は英語と国語のみで受験できます。S方式(全学部学科)、A方式の文芸学部国文学科、英文学科、芸術学科、ヨーロッパ文化学科、社会イノベーション学部政策イノベーション学科、心理社会学科です。

回答

可能です。ただし、「学科」は一つしか選べません。つまり「同じ学科」に2つの方式で出願するということになります。また出願件数は2件となり、併願割引が適用されます。

回答

S方式とA方式文芸学部では出題範囲に「古典B」が含まれます。ただしS方式は漢文を除きます。また古文の独立問題は出題しません。

回答

S方式はすべてマークシート方式です。A方式では、マークシート方式ではありませんが、記号選択の問題も多いので、あまり心配はいりません。また、問題によっては部分点がつきますので、皆さんの実力を発揮しやすい入試方式です。B方式は、大学入試センター試験の得点を合否判定に利用し、2次試験はありません。

合格・入学手続きについて

回答

合格発表は、本学構内に掲示して行います。また、補助的な手段として、合否案内サービス(PC、スマートフォン等)でも発表を行います。合否案内サービスは利用期間が3日程度と限られていますのでご注意ください。

回答

A方式で補欠繰り上げ合格制度を採用しています。S方式とB方式は採用していません。

回答

手続期間と納付金、提出書類が異なります。一次手続は、入学金の振込のみです。二次手続は、入学金を除いた納付金の振込と書類提出が必要です。一次手続をしないと、二次手続には進めませんのでご注意ください。

回答

できません。期間内に必要な手続をしない場合は入学することができなくなりますので、入学金や納付金の振込、書類の提出は余裕をもって行ってください。

回答

前期・後期の年2回の分納を受け付けています。また、特別の事由により申請があり、承認された場合は年4回の分納もできます(年度更新)。

回答

一般入試の上位合格者に対し、入学初年度授業料の半額または全額を免除しています。対象者には合格通知書等と同日に別途関係書類をお送りします。また、勉学意欲が高いにも関わらず経済的理由により就学が困難な学生に対し、学業を継続させることを目的に、学費の一部を給付・貸与しています。

※詳しくは入学後のガイダンスでご確認ください。

page
top