大学院は、学生自身が関心のあるテーマを自ら研究していく場所。


成城大学では、4 年間の学部教育をふまえ、より高度な学問研究・教育に取り組むための期間として、経済学部、文芸学部、法学部および社会イノベーション学部の 4 学部に対応する 4 つの研究科から構成される大学院を設置しています。


自分の研究テーマを発見することは、決して簡単なことではありません。4 年間の学部での研究の中で、あるいは各自が勉強していく過程で、徐々に見つけられ考え出されるものです。

本大学院では、大学に設置されている学部・学科に対応した4研究科・10 専攻を用意しています。そして、10専攻いずれも「博士課程前期・後期」の課程があります。

前期課程の論文審査と最終試験に合格すれば、修士の学位が授与されます。また、専門領域の研究者養成をめざす後期課程では、論文審査と最終試験に合格することにより、博士の学位が授与されます。

2021年度 大学院入試情報

新型コロナウイルス感染症対策の影響により、学生募集要項に記載の選抜方法・試験日時等を変更する場合は、ホームページでお知らせいたします。

成城大学大学院澤柳奨学金

本学大学院の博士課程に在籍する者で、修学状況に基づき、選考により奨学金の給付を受けることができます。

成城大学大学院澤柳奨学金 概要
目的 成城学園創立100周年を記念して、創立者・澤柳政太郎の精神を次の100年、すなわち第2世紀に引き継ぎ、
未来社会に貢献する若い人材を育成することを目的としています。
対象者 本学大学院各研究科及び専攻の博士課程に在籍する者が対象です。

※ただし、以下の学生は応募できません。
(1)国費外国人留学生
(2)授業料等減免措置を受けている者
(3)休学者(半期休学者の含む)
奨学金額 年間授業料の第4期分相当額
※長期履修者は、奨学生となった年度の授業料の1/4に相当する額とし、千円未満の端数はこれを切り捨てる。
採用要件 修学状況に基づき選考します。

※応募時期は、入学後の9月下旬~10月末を予定しています。

※奨学金の詳細については、入学後にお問い合せください。

再入学制度

再入学制度は、本大学(大学院)を退学した者又は除籍された者が再入学を希望する際の制度です。退学時又は除籍時に所属していた学部(研究科)・学科(専攻)に限り、入学を許可されることがあります。


長期履修学生制度

長期履修学生制度とは、職業を有している等の事情により、標準修業年限(博士課程前期2年、博士課程後期3年)を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し、修了することを希望する場合に、その計画的な履修を認める制度です。

本大学院では4つの研究科すべてに長期履修学生制度があります。

聴講生・科目等履修生

page
top