学費・奨学金

学費、奨学金制度についてご案内いたします。

学費

2017(平成29)年度入学生の納付金は以下のとおりです。

※新年度(2018年度)入学生の納付金は、確定次第公開いたします。参考としてご覧ください。

経済学部 文芸学部
入学金(初年度のみ) 200,000円 200,000円
授業料 790,000円 790,000円
施設費 230,000円 230,000円
教育充実費 50,000円 50,000円
学習図書整備費 10,000円 10,000円
諸会費(父母の会費・学友会費等) 15,500円 25,500円
初年度納付金総額 1,295,500円 1,305,500円
法学部 社会イノベーション学部
入学金(初年度のみ) 200,000円 200,000円
授業料 790,000円 790,000円
施設費 230,000円 230,000円
教育充実費 50,000円 50,000円
学習図書整備費 10,000円 10,000円
諸会費(父母の会費・学友会費等) 15,500円 13,500円
初年度納付金総額 1,295,500円 1,293,500円

※ 入学手続の際、一次手続では入学金、二次手続ではその他の項目を納入していただきます(一部入試は除く)。
※ 詳細は、募集要項・入学手続要項をご確認ください。

奨学金制度

奨学金制度は優秀な人材で経済的理由により修学が困難な者に一定の金額を給付または貸与することで勉学に専念できるように、との目的から設けられています。

2017年度からは成城学園創立100周年を記念して4年間の授業料全額免除も可能な特待生制度を拡充します。また成城大学独自の奨学金のほか日本学生支援機構奨学金なども利用できます。

NEW 成城学園創立100周年記念 成城大学澤柳奨学金(特待生制度)

2017年度より拡充。4年間最大316万円の授業料を免除。

対象年次 給付/貸与 金額 採用予定人数
1年次 給付※ 790,000円
(授業料相当額)
108名
給付※ 395,000円
(授業料半額相当額)
108名
2~4年次 給付※ 790,000円
(授業料相当額)
12名
給付※ 395,000円
(授業料半額相当額)
60名

※ 授業料に充当

採用条件
  • 1年次:入試成績上位合格者
  • 2~4年次:2年次以上に在籍する学生で、人物・学業ともに優秀な者

澤柳政太郎は、明治・大正時代に「日本教育界の父」と称された、近代日本を代表する教育者・思想家です。

文部官僚として小学校の義務教育化や無償化に尽力。東北、京都の帝国大学総長も歴任し、初代総長を務めた東北帝国大学(現東北大学)では日本で初めて女性の入学を認めるなど、近代日本の教育制度確立に多大な足跡を残しました。退官後も教育に対する情熱は衰えず、大正自由教育の中的な存在となる成城小学校(成城学園の前身)を創設しました。

その他の成城大学独自の奨学金制度

名称 対象 給付/貸与 金額 期間 採用人数(予定)
成城大学奨学金 2~4年次 給付 入学年度の授業料半額相当額
(2015年度参考39万5千円)
1年 40名
成城大学奨学金と成城大学応急奨学金は、あわせて40名
成城大学応急奨学金 1~4年次 給付 入学年度の授業料半額相当額
(2015年度参考39万5千円)
1年
応募・採用条件
  • 成城大学奨学金:2年次以上に在籍する学生で、経済的理由により修学に困難がある者
  • 成城大学応急奨学金:家計の急変により学業の継続が困難となった者

日本学生支援機構

名称 対象 給付/貸与 金額 期間
第一種 1~4年次 無利子貸与 [自宅通学者]:3万円・5.4万円から選択
[自宅外通学者]:3万円・6.4万円から選択
1年
第二種 1~4年次 有利子貸与 3万円・5万円・8万円・10万円・12万円から選択 1年
応募・採用条件

人物、学業ともに優れ、かつ健康であり、経済的理由により著しく修学に困難があると認められる者であって日本学生支援機構の基準に該当する者。
※詳細は本学で実施される説明会にてご説明します。また、説明会に参加しないと応募できません。

民間団体奨学金

給付奨学金

名称 金額 期間 対象 応募・採用条件
古屋亨記念奨学基金 5万円(月) 1年 法学部1年次 学内選考
守谷育英会 10万円(月) 1年 1~4年次 自由応募
信濃育英会 30万円(年) 1年 1~4年次 自由応募
末延財団末延奨学金 40万円(年) 1年 法学部3・4年次 学内選考

自由応募

名称 金額 期間 対象 応募・採用条件
関育英奨学会 3万円 1年 2年次 学内選考
あしなが育英会 4万円・5万円 1年 1~4年次 自由応募
地方公共団体奨学金 福島県、茨城県、川崎市、横浜市、大田区、石川県、山口県など、各地方によって異なる。

※地方公共団体奨学金について:奨学金の有無は、保証人(父母等)の住民票のある自治体に直接お問い合わせください。

page
top