ブログ

キャンパス情報 / 入学センタースタッフより

今日のキャンパス

投稿日:2009年12月05日

こんにちは
12月初めての虎三です。

いよいよ12月になってしまいましたね。
AO入試、指定校推薦も全て終了しました。

年が明ければ、すぐに大学入試センター試験。準備の方はいかがでしょうか。

さて、成城大学入試情報メルマガで、独自入試のポイントについて連載を始めたことは前回ご報告しました。おかげさまで、徐々にではありますが、メルマガの登録者数も増えてきたようです。みなさんのご期待に応えるべく、役に立つ情報をお伝えしていきたいと思います。

次号のメルマガではいよいよ科目別のポイントについて、入試の裏も表も知り尽くしたぱんだくんに語って貰おうと思っておりますので、興味のある方はこの週末のうちにメルマガに登録しておいてくださいね。

どんな雰囲気か、ちょっと前のメルマガから抜粋して引用してみました。

引用はここから***************************
さて、このA方式ですが、いくつか特徴があります。

まず第一に「記述式」であることですね。最近の大学入試では「マークシート方式」が多くなっておりますので、記述式は少数派となっているかもしれません。あるいは記述式であることに抵抗感のある受験生もいるかもしれませんね。

でも、よく考えてみると、高校での中間テストや期末テスト大抵記述式ですよね?そのテストを受けてきたのですから、苦手意識を持つ必要は無いと思います。

むしろ、記述式であることで、「部分点」がつけられるようなテストになっているのです。みなさんとしては、「分かったこと」を「分かったところまで」しっかりと解答すればよいのです。特に英文和訳や英作文、あるいは日本史や世界史の論述部分、さらには数学の答案についてこれが当てはまると思います。

「分かったこと」を「分かったところまで」しっかり書くためには、「自分の守備範囲というか、理解・記憶の範囲をはっきりとさせておくのがいいですよね。そのためにお勧めなのが、教科書やテキスト類の復習です。
手を広げるのではなく、自分の理解したことを確認しておく。基本項目の記憶が足らなければそれを補充しておく。こうしたとても基本的な勉強が大切になってくると思います。
引用終了***************************

とまあ、こんな雰囲気です。

話は変わって、今日の成城大学のキャンパスは、雨模様。
パラパラと雨が落ちてきています。

晴れのほうがいいけれど、冬は乾燥するから、たまには雨もいいかな。ではまた。

関連リンク

  • SEIJO TIME
  • SEIJO VOICE
  • ムービーギャラリー
  • 卒業生100人メッセージ
page
top