キャンパスライフ/在学生ブログ

学部紹介!

こんにちは!
文芸学部文化史学科2年のましもんです!

今回は文芸学部、特に私が所属している文化史学科についてお話しさせていただきます!

文芸学部は英文学科、国文学科、文化史学科、芸術学科、ヨーロッパ文化学科、マスコミュニケーション学科の6つの学科が存在しています。
それぞれの学科では学んでいる内容が全然違いますが、そこに所属している人たちの特徴も全然違います。
私の所属している文化史学科は自分の世界を持っている独特な人が多い印象です(笑)

文化史学科では3つの学問(日本史学・民俗学・文化人類学)を学ぶことができます。
それぞれの学問を座学や演習などを通じて理解を深めてゆき、3年生から始まるゼミで自分の学びたいことを更に学んでいきます。
2年生では研修旅行もあり、文化人類学を選べば沖縄にいくこともできます!

私は日本史学を選択していて毎週江戸時代の古文書を解読しています。
最初は全く読めなくて意味がわからなかったけど、今では読めた時の達成感や古文書の内容の興味深さに惹かれて大好きな授業になりました(^^)

文芸学部の良さは様々な視点を養うことができるところです。
6つの学科、そして更にその中にも色んな学問があり、それぞれの学問によって物事の捉え方は違います。
文芸学部では他の学科の授業を受けることも出来るので、自分の専門以外の物事の捉え方をたくさん知ることができるでしょう。

みなさんも是非、文芸学部に入って自分の知らない物事の見方を学んでみてはいかがでしょうか?
特に文化史学科がオススメです(笑)

メニュー