ブログ

キャンパスライフ / 在学生ブログ

現役生が自分の学部をご紹介!! ~法学部編~

投稿日:2019年08月01日

みなさんこんにちは!法学部法律学科1年のなかしゅんです!
とくに高校3年生のみなさんは、どこの大学にしようかな?どの学部にしようかな?という考えが固まってきている頃ではないでしょうか?
今回は私が今学んでいる「法学」について、みなさんに教えたいと思います!

法学というと、法律を暗記する、というようなイメージを持つのが一般的ですが、まったくそんなことはありません。もちろん、覚えたほうが楽ですし、重要なものは覚えなくてはいけません。しかし、一条から順にすべて...なんてことはありません。というか無理です!

みなさんは「リーガル・マインド」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは法学の世界ではよく使われる言葉なのですが、成城大学では「社会で生じる問題を、論理的に考え、解決案を提示し、合意に導く能力」と定義しています。そしてこの能力を得ることができれば、問題把握能力、問題解決能力、コミュニケーション能力が身につくとしています。(法学部パンフレット参照) これはこれで少し難しいかもしれませんが、これらの能力は将来あらゆる場面で活かされます。なぜなら私たちの生活は疑問や問題であふれているからです!なにかの問いに直面したときに、上記の3つの能力をフルに活かすことにより、自分だけの考え、答えが見えるようになってくると思います。

少し卒業後の進路について話しましょう。法学部卒業=司法試験受験、と考えていませんか?私も高校1年生ぐらいまではそう思っていました。しかし、法学部が有名な某私立大学でさえ司法試験の受験者数は学生全体の3割ほど。一般企業や金融機関など、そういったものに就職する人がほとんどなのです。ですので、純粋に法律を学びたい!法律に興味がある!リーガル・マインドが気になる!というような理由でもOK!司法試験なんて気にせず、気軽に法学の道に進んでくださいね!

では成城大学法学部の1年生が学ぶ内容について触れていきましょう。1年生では専門科目として、憲法I、民法I、民法IV、刑法I、そして法学への誘いを受講します。法学への誘いとは、成城大学の法学部で学べる各専門領域への入り口を示し、新入生に法学・政治学への興味・関心を持ってもらうことを目的とした科目であり、前期のみ履修します。その他4科目についてはここでは詳細に説明しませんが、どれも基礎的な内容から始まり、やがて段々と難しく、複雑になってきます。

いかがでしょう?とりあえず基本的な部分ということで、今回はここまでの説明とさせていただきます。法学の学びについてもっと知りたいという方は、オープンキャンパスで先輩に聞いたり、ホームページにアクセスしたりしてみてください。きっと法学という分野に対するイメージが変わり、法学部に対する興味が湧きあがると思います!

成城大学法学部はみなさんのご入学を心よりお待ちしております!

関連リンク

  • SEIJO TIME
  • SEIJO VOICE
  • ムービーギャラリー
  • 卒業生100人メッセージ
page
top