ブログ

在学生ブログ / 就業力サポーター

就業力サポーターの1年生にインタビュー!②

投稿日:2018年07月12日

みなさん、はじめまして。私は就業力サポーターの文芸学部国文学科2年のみそのです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
今回は、「キャリア形成Ⅲ〈ワークライフバランス(以下WLB)〉」を履修している
就業力サポーター1年生4名にインタビューしました。

キャリア形成Ⅲは、
幼年期や青年期、高齢期などの人生の各段階におけるライフステージの流れを理解し、この授業のメインとなる“働く”ことについて企業の取り組み、労働に関する法律を学んだうえで仕事(work)と家庭(life)の両立(balance)について考えていく、授業です。

それでは、インタビューに入りましょう♪
①学部学科学年とイニシャルを教えてください。

   文芸学部ヨーロッパ文化学科 1年 Hです。

   文芸学部文化史学科 1年 Sです。

   経済学部経済学科 1年 Yです。

   社会イノベーション政策イノベーション学科 1年 Rです。

 

②なぜ「キャリア形成Ⅲ」を履修したのか教えてください。

   H もともとキャリア形成を履修したくて、時間割の関係でこの授業にしました。

   S テーマであるWLBに興味があって履修しました。

   Y もともとWLBに興味があったからです。

   R 自分は結婚しても働きたく、社会における女性活躍について学びたかったからです。

 

みそのもこの授業を履修しています。理由はなんか面白そうだからだと思ったからです。
1年生みんなまじめですね(笑)

(授業の様子)

③今まで受講した中でどの回が一番面白かったですか?そしてどのようなことを学べましたか?

   H 職業カードを使ったグループワークなどから、自分の新しい面や考えが表面化されて面白かったです。
(ちなみ に興味・関心のある職業に基づかれたカードが多かったそうです。)

   S 面白かったのは、職業カードを使ったグループワークです。 全体的に企業が労働時間や労働改革についてどのように考えているか勉強になり、今後の就職に役立てそうです。

   Y ゲストスピーカーの方((株)グリフィンで労働環境・時間の改革を行い、家庭と仕事の両立を可能にした方)からのお話が面白く、そして何より成功談、失敗談、教訓が勉強になりました。 この授業を受けてからキャリア、将来について深く考えるようになりました。

   R (株)グリフィンの方のお話です。 この授業を受けてから、労働基準法や育児休暇についての法律を学びました。 今後、私が働くうえで、この授業で学んだ知識は役立ちそうです。

 

職業カードのグループワーク、(株)グリフィンの方のお話、どれも面白かったですね。仕事と家族の両立についてのいろいろなエピソードなども聞けて勉強になりました。

(ちなみにこの写真は(株)グリフィンの方からお話を聞いた時のもの)

 

④最後に、この授業の担当である高村先生についてどう思いますか?

   H 時々話す先生の閑話休題が面白いです。

   S 面白く、マイペースで親しみやすい先生です。

   Y 他の教授よりも距離が近くて面白いです

   R 良い意味で教員ぽくない。なんかキャリアウーマンの話を聞いている感じがして、新鮮です。

高村先生の授業は、みんなが言うようにとにかく面白いです(笑)。そのため毎回、リラックスして授業を受けられます。

Hさん、Sさん、Yさん、Rさんインタビューご協力、ありがとうございました。

インタビューに協力してくれたメンバーを含めた就業力サポーターと高村先生は、7月15日、8月3,4,5日のオープンキャンパスで学校紹介やキャリアの授業体験を行います。ぜひお越しくださいませ~

以上、みそのがお送りしました。

 

関連リンク

  • SEIJO TIME
  • SEIJO VOICE
  • ムービーギャラリー
  • 卒業生100人メッセージ
page
top