ブログ

合格体験記 / 在学生ブログ

入試直前対策

投稿日:2018年01月19日

こんにちは。今回入試直前対策ということで筆を執せていただきました。
文化史学科2年とってぃです。

さて、受験生のみなさんであればこのような言葉を幾度となく耳にしているのではないでしょうか。

「この時期を制すものが受験を制す」

というものです。「スタートダッシュを上手く切ったものか受験を制す」「夏休みを制すものが受験を制す」「夏休み明けに失速しなかったものか受験を制す」など様々な時期に言われるこの言葉ですが、今この時期、つまり入試直前もその例に漏れず「入試直前を制すものが受験を制す」のです。

では、入試直前に何をすれば入試を制することが出来るのでしょうか。もちろん「これさえやっておけば合格確実」という勉強法は存在しません。そして直前というだけあって時間もありません。そんなこの入試直前に私がやっていたことは「今まで勉強したことを定着、実践すること」です。

入試本番まで時間がないこの時期、新たなことに取り組むのはリスキーです。なので自分がこれまで使ってきた問題集や自分の受験する入試の過去問を何度も解くことで、忘れていた事項を思い出し、これまで約1年間かけて蓄積してきた自分の知識を実践レベルに昇華するのです。

みなさんがこれまでの受験勉強で培ってきた知識たちは間違いなくみなさんの武器になります。しかし知識を問題の中で使わなければせっかく得た武器もどんどん錆びついていってしまいます。そうならないように自分の武器を入試本番に向けて磨き上げていくことこそが入試直前に必要なことだと思います。そしてそのために自分の志望する大学の過去問などを利用すれば、入試問題に慣れたり、傾向を知ることができ、一石二鳥の勉強になります。

入試直前というこの時期、ついつい焦って色々なことに手を出してしまいがちですが、落ち着いて今までやってきたことを振り返り自分を知ること。過去問に慣れ、傾向を把握することで相手を知ること。この2つは絶対にみなさんを裏切りません。今までの自分、そしてこれからの自分を信じ、合格へ向かってください。

関連リンク

  • SEIJO TIME
  • SEIJO VOICE
  • ムービーギャラリー
  • 卒業生100人メッセージ
page
top