ブログ

キャンパスライフ / 在学生ブログ

就活体験~就活準備・インターンシップ編~

投稿日:2017年07月20日

こんにちは!
文芸学部文化史学科4年のはまちゃんです!☺

梅雨も明けてカラッとした暑い日が続いていますね...。引き続き水分補給をしっかりと行い、元気に夏を過ごしましょう!☀️

さて、これまでこのブログでは大学の授業や部活動など、大学受験を控えた皆さんに大学をもっと身近に感じてもらえるよう、様々な大学生活について紹介してきました。

ですが、今回扱うテーマは就職活動、いわゆる「就活」です。💼

なので、今回の記事のタイトルを見た方の中には、

「いやいや、これから大学受験だっていうのに就活なんてまだ早いよ〜」

と思った方がいらっしゃるかもしれません。

ノンノンノン☝

今のうちから就活について知ることに早いも遅いもありませんよ!!
なぜなら就活も立派な大学生活のうちの1つなのだから!!

...ということで少し熱くなってしまいましたが、今回は「インターンシップ編」と「内定までの道のり編」の2回に分けて大学生活のうちの就活について書いていこうと思います。

では本題に入っていきますよ。

ところで皆さんはインターンシップというものをご存知ですか?
あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、簡単に説明すると、企業の研修生としての就業体験のことです。

皆さんも中学生の頃に授業の一環として職場体験をしたことがあるかと思いますが、それと同じようなものと考えていただいて結構です!

毎年夏から冬にかけて幅広い業界の多くの企業がこのインターンシップを実施しており、多くの大学生が参加しています。
実施期間については1日だけのところもあれば、3日間、1週間、1ヶ月間など、企業によって様々です!

では、なぜ多くの企業が忙しい中時間を割いてまでこのようなことを行っているのでしょうか?
そしてなぜ大学生はそのインターンシップに参加するのでしょうか?

理由は様々ですが、やはり一番は、ホームページやパンフレットだけでは知ることの出来ない会社の雰囲気や仕事を実際に体験してもらう(体験する)ことで、やりたい仕事や働きたい職場を見つけてもらう(見つける)ということだと思います!

百聞は一見に如かず...。ある意味皆さんが大学のオープンキャンパスに足を運ぶことと同じですね!🏃

実は私も大学3年生の夏に、ある広告業界の企業のインターンシップ(1日だけ)に参加しました!
内容は、1グループ5人程度で、とある大学の受験者数を増やすためにはどのように宣伝したらよいかについて話し合い、意見をまとめて発表するというものでした。

他の大学の方々と一緒に最初から最後までとても頭を使って取り組んだので、協調性やコミュニケーション能力を高めるいい経験になりました。
また、この会社ではこういった仕事を毎日行っているのかぁ...すごいなぁ...と、社会人として働くことの大変さややりがいというのを強く実感しました。

インターンシップに参加するということはこのように仕事を実際に体験することそのものが大きな目的ではありますが、実はその体験を通じて感じた企業や仕事に対する想いを、今後の志望動機や面接などに活かすということも大事な目的の1つなのではないかと思います。

現地で体験してから書く志望動機と、企業のホームページだけを見て書いた志望動機とでは説得力が全然違いますからね!

...ということで、今回はインターンシップについて簡単に説明していきましたが、少しは就活をイメージすることが出来ましたかね...!?
何年後か皆さんが就活をする際に、このブログのことをちょっとでも思い出していただけたら嬉しいです...。

さて、次回はついにはまちゃんが本格的に就活を始めます!
はたして無事に終えることができるのか...。そして彼は就活から何を学んだのか...。できる限りわかりやすく、沢山書いていこうと思います!

ぜひ次回もお楽しみに!😄

関連リンク

  • SEIJO TIME
  • SEIJO VOICE
  • ムービーギャラリー
  • 卒業生100人メッセージ
page
top