2021年度成城大学入学者選抜の変更点について(予告)

はじめに

成城大学では、2021年度成城大学入学者選抜の一般入試について、現行のA方式(学部別入試)、B方式(大学入試センター試験利用入試)及びS方式(全学部統一入試)の三つの枠組み自体の大きな変更は、現在検討しておりません。

A方式(学部別入試)については、現状の記述式を含む方式をこれからも継続します。
B方式については、現行の大学入試センター試験が、2020年をもって廃止となり、新しく大学入学共通テストとなることから、B方式(大学入学共通テスト利用入試)と名称を変更する予定です。

S方式(全学部統一入試)については、現状のマークシート方式をこれからも継続します。

また、主体性をもって多様な人たちと協働して学ぶ態度を見極める資料として、出願要件として、調査書の提出を原則とする方式も導入しますが、当面、調査書については合否判定に用いることはせず、入学後の学習指導上の参考資料としてのみ活用します。
 以上の背景の中で、現在検討中ではありますが、2021年度成城大学一般入学者選抜についての変更点を下記の通りお知らせします。なお、科目・配点等の詳細については、決定次第、本学公式サイトにて公表します。
また、総合型選抜及び学校推薦型選抜の変更点についても同様に、決定次第、本学公式サイトにて公表します。

A方式(学部別入試)

(1)教科・科目・形式
①教科・科目についての変更はありません。
②出題形式としては、選択式と記述式の混在する現在の形式を踏襲します。
(2)英語認定試験(大学入試センターによって「大学入試英語成績提供システム」の参加要件を満たすと確認された民間の英語試験)の取り扱い
①当面、英語認定試験を合否審査には使用しない予定です。
②ただし、学部によっては、募集人員の一部について、英語認定試験を含む本学が指定する英語外部試験のスコアを得点化して加点し審査する方式を採用することを検討しています。
(3)調査書
①出願要件として、調査書を提出することを原則とします。

②当面、調査書については合否判定に用いることはせず、入学後の学習指導上の参考資料としてのみ活用します。

B方式(大学入学共通テスト利用入試)

(1)教科・科目・形式
①教科・科目に変更の予定はありません。
②国語及び数学の記述式問題の評価も審査の対象とする予定です。
(2)英語認定試験の取り扱い
①教科・科目に変更の予定はありません。
(3)共通テストにおける記述式問題(国語・数学)の取り扱い
①国語
・記述式問題の採点結果を点数化して利用します。なお、具体的な点数化の方法については、決定次第、本学公式サイトにて公表します。
②数学
・記述式問題の採点結果を利用します。
(4)調査書
①出願要件として、調査書を提出することを原則とします。
②当面、調査書については合否判定に用いることはせず、入学後の学習指導上の参考資料としてのみ活用します。

S方式(全学部統一入試)

(1)教科・科目・形式
①教科・科目及び出題範囲について、2020年度からの変更はありません。
②出題の形式も従来通りマークシート方式とします。
(2)英語認定試験の取り扱い
①当面、英語認定試験を合否審査には使用しない予定です。
(3)調査書
①出願要件として、調査書を提出することを原則とします。

②当面、調査書については合否判定に用いることはせず、入学後の学習指導上の参考資料としてのみ活用します。

page
top