• さまざまな解釈を検討し、一つの作品をじっくり読み解きます。

  •  授業では、さまざまな文学作品に対し、時間をかけて読み込み、とことん追究していきます。ゼミナールで取り組んでいるのは『伊勢物語』。まずはみんなで繰り返し音読し、ストーリーの内容や登場人物について、各自の解釈を発表。それについて議論していきます。高校時代に教わって知識として知っている作品でも、何度も音読することで新たな発見があります。自分が知っていたものとはまったく違う解釈で「伊勢物語」が展開していくのは、驚きでもありました。解釈は一つではない。それに気づくことができたのも、高校とは違う、じっくり一つの作品と向き合う学びのスタイルだからこそだと思います。

     もともと漢文が好きだったので、和と漢との比較にも興味があります。たとえば、菅原道真をはじめとした日本の漢詩人についても研究したいです。卒業論文で取り上げることも検討中です。

  • 国語教師という夢に向かって、幅広い知識を吸収しています。

  •  もともと国文学科を選んだのは、国語の教師になるという夢があったから。現在は、来年の教員採用試験に向けてがんばっているところです。試験対策の勉強はもちろん、教員になったときに役立つように、古典だけでなく近代文学や日本語学など、幅広い授業を取るようにしています。

     文化史学科や芸術学科など、他学科の授業もいろいろと受講しています。きっかけは単純で、興味から。実際に授業を聞いてみると、当然ながらどの学問も深くておもしろい。その上、日本史や日本美術の知識も文学を理解するのに役立ちますし、ヨーロッパの言語学を学ぶことで日本語学と比較することもできます。学科の枠を越えてさまざまな分野に触れることができ、それを国文の学びにも活かせるのが、成城大学ならではのメリットだと感じています。

  •  成城大学には小規模ならではの魅力があります。先生と学生との垣根が低く、気軽に相談できる。週に一度は研究室に通い、わからないことを聞きに行っています。国文学科の魅力は、カリキュラムに偏りがないところ。バランスよく、いろいろなことが学べる環境です。受験勉強は大変だと思いますが、必ず将来活きてきます。高校生の今、勉強の習慣をつけて、大学での学びに役立ててください。