そして社会へ。個性を活かして学び続ける。

英語を担当する高校教員に必要な知識の多くを成城大学で学んだ。 馬島 淑夏さん 文芸学部 英文学科 2016年卒業

単語と文法だけでは、英文を読み込むことができないことを知らされた大学時代。

 現在、県立高校で英語を教えていて、1年生の担任も受け持っています。生徒会活動の支援をしているので、文化祭や体育祭などを実行委員の生徒と一緒に運営しています。

 英語を教えていると単語と文法だけでは本質を理解できないと感じることが多くあります。英文を読むために必要な教養を、どうアシストしてあげれば生徒に理解してもらえるのかと、よく考えています。ことばの背景を考えて英文を読むようにと指導された成城大学での学びが役立っています。

 文部科学省の指針で、聞く・話す・読む・書くの「英語4技能」の強化が進められており、生徒にも英語で話したり、英文を書いたりといったアウトプットする力がつくよう授業も工夫しています。

教員採用試験の小論文対策もキャリアセンターが対応してくれた。

 生徒が卒業するときに、「いろいろあったけれど3年間楽しかった」と胸を張って言えるような高校生活を過ごしてほしい。だからこそ相談しやすいとか、力になってくれそうだなと思ってもらえる先生になりたいです。モヤッとしたり、困ったときに側にいられれば助けられることもあると思っています。その一方で、挨拶や時間を守る習慣など、人として重要な部分をしっかり教えられる最後の機会なので、やや口うるさく指導しています。ときどき言い争いにもなりますが、それでも生徒はかわいいし、先生になって良かったと感じています。

 現在、英語教師でいられるのも、大学生時代に小論文を添削して、模擬面接をしてくれたキャリアセンターの方々のおかげだと思います。小論文は添削を受けていく中で、あらゆるテーマに対して自分なりの答えを出せるようになりました。

成城大学をめざすみなさんへ

 成城は小規模な大学なので、友達をつくれるかどうかという心配がありません。授業の待ち時間、自然に隣の人と話すようになり、いつの間にか友達ができている。一方で、一人でいても悪目立ちしません。ワイワイ過ごしたいときも、一人になりたいときも、無理をしなくていい雰囲気があり、設備的にも、その両面をバックアップしてくれます。

※記事内容は2017年取材時のものです。

その他の記事

駅から徒歩4分。23区内にありながら緑に囲まれた立地。

少人数のゼミナールは、履修率100%。

活気のあるクラブ活動。

学内でも国際交流ができる環境。さらに広がる協定校。

海外でインターンシップ。

親身なサポート、キャリア支援。

そして社会へ。個性を活かして学び続ける。

page
top